公式メルマガ12/8号・配信!

毎週金曜日は「公式メルマガ」発行日! 今週号の内容は…

1.合格ラボ!

第147回日商簿記検定2級の第一問(仕訳問題)は本当に難しかったのか?

2.編集後記

今週号のハイライト

先日施行された第147回日商簿記検定2級において、ネット上の掲示板やSNSでは第一問の仕訳問題が難しかったという声を多く目にしたが、果たして本当にそうなのだろうか?

 

第一問は本当に難しかったのか?

問1の固定資産の取得・修繕・除却に関しては、取得・修繕に関する仕訳と除却に関する仕訳を分けて処理すれば良く、それぞれの仕訳は基本レベルの内容であった。

問2の外貨建取引に関しては、為替予約の意味が解っていれば外貨建の売掛金の円換算を為替予約時の先物為替相場@¥110で換算すべきことは容易に判断できたはずだ。

問3のクレジット販売の取り消しの仕訳に関しては販売時の反対仕訳を行うだけなので、販売時の仕訳が正しく推定できれば難なく解答を導くことができる。

問4のリース取引に関しては難易度としては容易な利子込み法であったため、リース取引開始時の仕訳と第1回目のリース料を支払った際の仕訳を行えばよいだけである。

問5のソフトウェアに関しては「ソフトウェア仮勘定」を「ソフトウェア」に振り替えるという第144回でも出題された基礎的な仕訳内容だった。
ただし、多くの人が悩んだ「保守費用をどの勘定で処理すべきなのか」については、設問文中に「今後の4年間のシステム関係の保守費用¥4,800,000」という記述の中にある“今後の4年間”という意味を読み取ることができれば、長期前払費用勘定で処理すべきであることが判断できたはずだ。

「難しかった」という感想が多い第147回日商簿記2級の第一問だが、一問一問の中身を確認してみると決して難易度の高い内容ではないのである。

 

なぜ、「難しかった」という感想が多かったのか?

少々厳しい言い方ではあるが、今回の仕訳について難しかったという感想を持ったのであれば、それは正直に言って練習不足である。

ただし勘違いして欲しくないのだが、ここでいう「仕訳の練習が足りない」というのは練習量のことではなく、文章を読み取る練習のことである。

例えば問1の固定資産の取得に関しては、問題文中に「工事代金¥7,000,000は2回分割で銀行振込により支払済み」であることが明記してあるため、設問が建設仮勘定からの振替処理を要求していることが読み取れる……続きはメルマガで

今すぐメルマガ(無料)に登録しよう!

オッジ通信では簿記検定や簿記・会計に関する記事を盛り沢山で毎週金曜日に配信しています。もちろん、購読は無料。いつでも解除することができます。 ・簿記学習のヒントが欲しい! ・会計の知識を深めたい!

公式メルマガはこちらから30秒で登録できます、今すぐご登録ください。

Shinちゃん先生の簿記力向上ブログ