高いか安いか

昨年末にNexux7を買ってからというもの、NASやBluetoothスピーカーを導入したりと

我が家のPC環境も近代化(?)の一途です。

最近は作業中にPCで音楽を聞くことが多いのですが、

ノートPCのスピーカーだと音がショボいというか何と言うか…。

そこで折角Bluetoothスピーカーがあるのだから…ということでUSBホストアダプターを購入してみました。

(※ちなみに私のノートPCにはbluetoothが搭載されていません)

20130327154706

近所の家電量販店で980円也

モノは小指の先位の大きさ。

製造コストはどのくらいなんでしょうね?

専門外なので詳しいことはわかりませんが、

かなり安いことは確かでしょう。

もちろん販売価格には製造原価だけでなく、販管費と利益が乗っかっている訳ですが、

これ1個でいくらの利益がでるんでしょ。

でもって考えると、この値段は

高いのか?

安いのか?

私としては、これを導入したことによって享受できるサービスや満足度を考えると

価格以上の価値なワケですよ。

ちなみに導入時にちょっとトラブって、「これは失敗だったかな!」と思った時には

一瞬、「980円損しちゃったよ~(泣)」ってな気分になってしまいました(笑)

価格に対する価値って面白いですよね。

価格 > 価値

価格 = 価値

価格 < 価値

価格の決定って誰しもが悩むところ

でも、それを決めるのは購入者の主観。

ちなみに、かつてPC98シリーズを弄っていた世代からすると

980円というインパクト、

それだけで

嘘みたいに安く感じちゃうんですよねぇ(笑)

Shinちゃん先生の簿記力向上ブログ