【コラム】日商簿記検定3級 テキスト・問題集ランキング

amazonで日商簿記検定3級のテキスト・問題集を人気度で調べてみると、ここ最近はずーっと

TAC出版の「スッキリわかるシリーズ」

ネットスクール出版の「サクッとうかるシリーズ」

上記の2強状態が続いているようですね。

一方、昔ながらの「段階式日商簿記」(税務経理協会)の人気は今ひとつ ++)。

個人的には加古宜士先生のこのシリーズがオススメなのですが…、残念です。

まぁ、初めて簿記を学ぶ人なら、とりあえず「スッキリ」か「サクッと」のどちらか好きなほうを選んでおけば間違いないでしょう。

はっきりいって日商簿記3級であればどこの出版社のものをチョイスしても中身は変わりませんので、
字の大きさや挿絵の好みで選んでもらって構いません。

実際、amazonのレビューやランキングサイトの説明を調べてからでも良いのですが、
みなさん結局は上記2冊のいずれかに落ち着くようです(笑)

いずれにせよ、本で合否が決まるわけではありませんので、後は本人のやる気次第ってところですね。

特に日商簿記検定試験を目指す方は小手先のテクニックではなく、基本を正確に理解することを心がけて学習を進めてください。

たまには「商工会議所の検定試験」のウェブサイトのここ(http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/)に掲載されている「出題の意図と講評」をよーく読んで、商工会議所の意図していることを考えてみるのも良いでしょう。

そういえば、上記のウェブサイトを覘いてみると「公認教材」がありますね。

試しに先ほど注文してみましたので、届いたら改めてご紹介してみようかと思います。

お楽しみに!

Shinちゃん先生の簿記力向上ブログ